シンシア コンタクト レンズ


チェック シンシアって?

シンシアは2008年に設立さた新しいコンタクトレンズ会社です。緑のパッケージのエルコン(L-CON)シリーズのワンデーコンタクトを見ると、「あっ、このコンタクトか!」とわかる方も多いのではないかと思います。また、カラーコンタクトでも知名度が上がってきています。フローラMやフェアリーなどは人気のカラコンです。

最近では、ネット通販店でもシンシアの使い捨てコンタクトを取り扱っているショップが増えています。主要な通販店では、ほぼ取扱いがあるでしょう。それだけ人気・需要もある証拠です。

シンシアのコンタクトの魅力は何といっても価格。ジョンソン・エンド・ジョンソンやボシュロム、アルコン(元チバビジョン)などと比較するとかなり格安で使い捨てコンタクトが入手できます。

これは、シンシアのポリシー「高品質のものを低価格で提供する」によるものです。他社ほど広告宣伝費は使わない分、価格を安くすることに徹底するという姿勢です。

チェック 取扱いレンズの種類

1日使い捨て

エルコンワンデー
エルコンワンデー エクシード
アルティメットワンデー

■2週間交換

アイラックス・ブルーテイント(ツーウィークキャンビュー)
アイラックス(アルティメットインパクト ツーウィーク)
アイラックス(ツーウィークアーク)

■カラーコンタクトレンズ

アイラックス・カラー
アイラックスイノバ
アイラックスイノバ・カラーメーカー(フローラM)
フェアリー

チェック 人気のエルコンワンデー

シンシアの人気ナンバーワンはやはりエルコン(L-CON)ワンデー。ある通販店の価格を比較してみると、

J&J ワンデーアキュビュー 2180円
ボシュロム メダリストワンデープラス 2490円
アルコン(元チバビジョン) フォーカスデイリーズアクア 1980円
シンシア エルコンワンデー 1260円

これほどの違いがある場合もあります。エルコンワンデーの魅力は低価格。これだけ他メーカーと価格差があると、かなり魅力的な選択肢となるのではないでしょうか。エルコンワンデーには、薄型タイプのエルコンワンデー・エクシードというタイプもあります。この薄型エクシードでさえ、他メーカーよりも安価です(1680円)。

エルコンワンデー(エクシードも含む)のレンズ自体の特徴としては、低含水率が挙げられます。レンズの含水量が多いと、酸素は透過しやすくなりますが、水分の蒸発量は増えます。そうすると、目が乾きやすくなるのです。エルコンワンデーの含水率は38.5%。目の乾燥を抑えて快適な眼の潤いをキープします。レンズは非イオン性レンズですので、ホコリや花粉などが付着しにくい素材となっています。

エルコンワンデー使用者の感想をチェックすると、「低価格だけど、使ってみると結構良い」というのが全体的な印象です。

瞳は個々人異なりますので、どのメーカーのレンズが一番フィットするかは当然個人差はありますが、利用者は概ね満足しているようです。初めて使用する際は、最初若干の違和感ある場合もあるようですが、数分経てばすぐに慣れるようです。表裏の区別はつきにくいようなので注意はして下さい。ただし、表裏が逆の場合、レンズが反るのでわかるかとは思います。


コンタクトレンズメーカー一覧表に戻る